ロゴ

卵巣がんを早期発見するには、検診が大切!

健康な体作り

がんは生活習慣を改善することで、予防することができます。また、血糖値を下げる方法を確認することでも、健康な体作りができ、がんになりにくい体になります。がんの予防方法と原因、改善点をしっかり確認してみましょう。

がんを予防する方法

  • タバコは吸わない
  • 他人のタバコの煙を避ける
  • お酒を飲みすぎない
  • バランスの取れた食生活
  • 塩辛い食品を控える
  • 野菜や果物をしっかり取り入れる
  • 適度な運動
  • 適切な体重維持

ガンの原因とは?

身近な発がん性化学物質

元々地球上になかった様々な化学物質の中に発がん性がある有害な物質が確認されています。それは、がんの原因となっている、タバコの煙・排気ガス・向上の煙・アスベストです。

放射線と紫外線

目に見えない放射線や紫外線もがんの原因と言われています。大量に電磁波を浴びることで、細胞が傷つき細胞分裂を引き起こしてしまいます。放射線や紫外線は甲状腺がん・乳がん・胃がんなど臓器に出来るがんの原因にもなります。

がんウイルス

がんウイルスは子宮頸がんや肝臓がんなどの特定のウイルスへの感染が原因です。基本的には、遺伝や生活習慣が原因と言われていますが、ウイルスが原因の場合もあります。しかし、ウイルスに感染しなければ、発症することはありません。

細菌

がんを引き起こす病原体は、多くはウイルスにあります。しかし、細菌が原因になる場合があります。それは、直接的な原因ではありませんが、がんになりやすい環境を作る細菌です。長い期間感染することで、体内の状態が悪くなることが原因と言われています。

酸化ストレス(活性酸素)

「活性化した酸素」という意味の活性酸素は、良いイメージを持たれがちですが、実際は、生活習慣病やがんなどの病気を引き起こす原因となります。なので、早めに対策する必要があります。

卵巣がんを早期発見する!がんの治療内容

救急車を持つ人

がん検診を受けよう

がんは早期発見が大切です。早期に発見できれば、乳がんの場合切除しなくて済みます。また、治療に掛かる費用などの負担も軽減出来るので、早めに乳がん検診に行くことをオススメします。最近は、日本人の2人に1人が感を患い、3人に1人ががんで亡くなっているので、健康と安心の為に早めに検診を受けましょう。乳がん検診を受けることで、がん以外の様々な病気の早期発見もできます。最近は医療も進化しているので、視触診がなく検診も気軽に受けることができます。検診に不安がある場合には、お近くの婦人科に問い合わせてみると、丁寧に説明をしてくれます。

がんの治療方法

がん治療をするには、手術療法・化学療法・放射線療法の3つがあります。がんの種類や進行状況によって、どのような治療が最も効果が期待できるかを確認します。検査結果以外にも、患者の年齢や環境、希望なども考慮して治療方法を提案します。なので、二つ以上の治療を組み合わせる場合もあります。卵巣がんの場合には、妊娠や出産に影響する場合があります。なので、妊孕性温存治療が可能かの確認をする必要があります。医師に自分の要望をしっかり伝えることが最も大切になります。がん治療が終わった後も、検診にしっかり通うようにしましょう。

広告募集中